3Dスキャナーの基本を知ろう|新時代の幕開け

立体を3Dデータに

3Dプリンター

簡単なスキャンの手順

目の前に存在する立体を3Dデータ化するために使われるのが、3Dスキャナーと呼ばれる装置です。これまでは筐体の大きな製品が主流でしたが、最近は手で持ってスキャンできるハンディタイプの製品も普及してきています。ハンディタイプの3Dスキャナーは仕組みがシンプルで、子供でもすぐに使えるのが特徴です。使用前に、いくつかの準備をしておきます。まず、3Dスキャナーに付属している専用のソフトをパソコンにインストールします。専用ソフトでは3Dスキャナーの管理を行う他、スキャンしたデータの管理や閲覧、他の機器への書き出しなどが行えます。インストール後、3Dスキャナーをパソコンに接続し、認識させます。スキャンする被写体を、3Dスキャナーで測定するための設定を行います。被写体の近くにマーカーを置き、3Dスキャナーが被写体を認識するための距離を設定します。この設定は先ほどインストールしたソフト上で行います。これはカメラのピント合わせと同じ意味を持つ工程です。距離の測定後、実際のスキャンが可能になります。3Dスキャナー本体にある測定可能を意味する表示を確認後、ボタンを押して被写体の周囲を撮影します。撮影漏れが起きないよう、被写体の形状について事前に確認しておくとうまく行きます。スキャンされたデータは、ソフト上で確認できます。必要な部分以外のデータはツールで削除し、モデリング用のツールで読み込めるファイル形式に書き出します。後はデータの最終的な調整や形状の編集、他のデータとの結合などを編集用のツールで行い完成です。

トナー

間違いない複合機の選び方

消耗品であるトナーが、いつでも手元にあるという安心感までをリコーは提供しています。トナーがいつ無くなるか、予測することはとても難しいものです。リコーならではの店舗網を活かしたサービス、それを受けてみるという検討もありではないでしょうか。

電話

電話代が安くなるサービス

IP電話は、インターネット回線を利用した電話サービスです。一般の固定電話よりも低コストで音声を送れるので、割安な料金で利用できます。特に長距離電話を多く使う企業等では料金節約のメリットが大きくなります。

電話機

ビジネスホンを買おう

中古ビジネスフォンを購入するときは使える番号の数と回線の種類を見ておくといいでしょう。狭い事務所ならコードレスを利用すれば快適に使うことが出来ます。また業者も大事でこちらの要望をちゃんと聞いてくれるところやアフターフォローがしっかりしているところが優秀です。